MENU

残念ながら美容目的の医療行為は控除対象外

永久脱毛を行うのはエステやサロンでできず、医療機関でなくてはいけません。ということは、医療脱毛なら医療行為にあたるので、医療費控除が受けられると勘違いしてしまっている人がいます。結論から言うと、残念ながらこれは間違った知識です。医療用脱毛では、医療費控除は受けられません。そもそも医療費控除というのは、支払った医療費の一部が確定申告によって還元されるシステムですが、何故医療用脱毛では還元されないのかをここで解説していきます。

 

医療用脱毛は美容目的

「医療」とついていますが、医療費控除の対象となるのは、国税庁のホームページによると、「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる」という記載があります。ここで述べられている「医療費」とは、あくまで病気や怪我の場合に治療が必要だと認められたもののことを指します。治療が必要だと認められる基準としては、そのまま治療せずに放置しておけば身体や健康に支障をきたす場合です。よって、医療機関で行われる医療行為が全て医療費控除の対象ではないのです。

 

実は、美容目的以外にも対象外なものはあり、予防接種もアウトですし、その他疲労回復や健康増進の目的も同じくです。ただし、その脱毛が皮膚の病気などを治すのに必要だったりすればそれは例外となります。

 

では、「歯科のインプラントはよく医療費控除の対象と聞くけれど、あれは美容目的なのにどうして控除対象なの?」と鋭く気付かれた人もいるでしょう。しかし、インプラントは歯科矯正をしなければ咀嚼をする際に障害が出る場合のみ、控除対象となります。食べることは人間生きていく上で必要なことですから、それなら認められます。しかし、それが歯並びを綺麗に見せたいという美容目的であるならば控除対象にはなりません。要は同じインプラントでも、脱毛と同じようにその必要度が違うということになりますね。

 

医療費控除を申告したのに駄目だったとがっかりする前に、正しい知識を得てから医療脱毛に踏み切るのが得策です。「医療」という言葉だけで簡単に控除が受けられると勘違いしてしまいがちですが、間違った口コミもあるのでその当たりは気を付けてみてください。

湘南美容外科の医療脱毛で自信を持てる素肌に